2016/07/22春日井駅のシンボル 弘法太師像

今回は「理研産業補聴器センター 春日井店」からお送りします。

春日井店があるJR春日井駅には、大きな弘法太師像があります。
それがこちら!!
01弘法太師像

かなり巨大な弘法太師像です。
この像を手がけたのは「浅野祥雲(あさの しょううん)」というコンクリート像作家の方です。

この方は独特なコンクリート像をたくさん製作されている方で、他にも関ヶ原ウォーランド(岐阜県関ヶ原市)、五色園(愛知県日進市)、桃太郎神社(愛知県犬山市)といった場所で作品を見ることができます。


02弘法太師像

昭和2年、請願駅として中央線鳥居松駅(現在の春日井駅)が新設されると、地元の人々の間で「駅前に新しいシンボルを作りたい」という気運が盛り上がり、弘法太師立像の建立が計画されました。
その後、昭和7年に落慶法要(らっけいほうよう)が営まれました。


春日井駅前のシンボルとして建てられた像ですが、残念ながら現在は建物で遮られているため駅を降りてすぐには見えません。
ですが、当店のすぐ裏にありますので、お立ち寄りの際はぜひ足を運んでみてください。

「理研産業補聴器センター 春日井店」は、JR春日井駅北口を出たロータリー内にございます。
お車でお越しの際は駐車券を発行しますので店舗近隣のコインパーキングをご利用ください。

ご来店を心よりお待ちしております。

カテゴリー:その他, 店舗情報    

コメントはありません

2016/07/15宝達志水町(ほうだつしみずちょう)みどころたべどころ

今回は「理研産業補聴器センター 羽咋店」からお届けします。

鶏肉とたまねぎの入ったケチャップライスを、金色の薄焼き卵でつつんだごちそう…
みんな大好き、オムライス。
このオムライス、諸説ありますが羽咋店のある羽咋市のお隣、宝達志水町(ほうだつしみずちょう)のシェフが考案したものってご存知ですか?

時は大正15年。宝達志水町出身の青年がシェフとして働いていたのは大阪の洋食屋。
彼は毎日ご飯とオムレツを注文していた胃弱の常連さんに「毎日同じメニューではかわいそう」と特別料理を作りました。
オムレツとライスを合わせた『オムライス』誕生の瞬間でした。

現在、考案者の出身地である宝達志水町では「オムライスの郷」として「おもてなし」ならぬ「おむてなし」を合言葉に地域おこしをしています。
町内の加盟飲食店ではそれぞれ工夫をこらしたオムライスをいただくことが出来ますし、 毎月23日は「オムライスの日」として特別サービスも提供されています。
01オムライス
上のトマトソースがしっかりとした味ながら タマゴはフワフワな食感によってその存在感を示し そしてこれらを引き立たせるためかライスはあっさり目で トマトソースがよく際立つオムライスで大変美味しくいただきました。
(オムライス好き補聴器技能者談)

そのほか、宝達志水町は伏流水を利用した「宝達葛」や桜の名所としても有名です。

02くず湯
金沢の老舗和菓子店にも卸されている貴重なもの!


また宝達志水町指定文化財の百日紅(さるすべり)は樹齢300年とも言われ、開花の様子は圧巻。
これから6月~8月が見頃ですので、オムライスの食べ比べでおなかいっぱいになった後のお散歩にいかがでしょうか。
03百日紅
6月下旬ではまだ咲いていませんでした…
ぜひ、ご自分の目でお確かめください!


04田んぼアート
新聞にも載りました!
個人製作の田んぼアートも必見です!


目にも舌にも楽しい宝達志水町は、のと里山海道・なぎさドライブウェイを利用すれば羽咋市より車で20分。
お近くにお越しの際は「理研産業補聴器センター 羽咋店」にぜひお立ち寄りくださいませ!

カテゴリー:その他, 店舗情報    

コメントはありません

2016/07/08近代期にタイムスリップしたような塔~松重閘門~

今回は、「理研産業補聴器センター 高畑店」から松重閘門(まつしげこうもん)についてお伝えします。

01水門中川
02水門堀川松重閘門は昭和初期に、名古屋市中川区で供用されていた船を行き来させるために作られた水門です。
堀川と中川運河を結び、1メートル程ある水位の差を調整する役割を担っていました。
「東洋のパナマ運河」として名古屋名物の1つになったと言われています。
 
象徴的なのは、高さ21メートルもある尖塔が2対4本で建っていることです。
両側の2本の尖塔が閘門を区切り、鉄製の扉を動かすおもりを上下させて水位を調整し、船を通行させていました。
 
日本では、扉式の閘門が多かったため、尖塔を建てて水位調整することは珍しいことでした。


03時計台

塔は名古屋市庁舎の設計も携わっていた、名古屋市建築課技師の藤井信武氏によるスケッチを基に設計したとされています。
松重閘門の塔と名古屋市庁舎の塔を見比べると、似た趣が感じられます。


松重閘門は、昭和5年に建築されて以降、近代期の名古屋産業を水運面で支えていましたが、水運の減衰により閘門としての役目を終えました。
取り壊しの計画もあった中、市民から存続を求める運動もあり、保存が決定されました。
昭和61年名古屋市の有形文化財に指定、付近は整備され松重閘門公園となりました。
平成24年には名古屋市まちなみデザイン20選に選ばれ、現在でも市民に親しまれる歴史的な塔としてあり続けています。
04石碑時計


お時間がありましたら、名古屋市中川区にある史跡に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

カテゴリー:その他    

1 件のコメント

2016/07/01ヨッキーの散歩 ~ぶらり磐田市福田町♪

こんにちは!ヨッキーだよ♪
 
静岡県磐田市福田町(ふくでちょう)は海に面して昔から漁業が盛んな町だよ。

01渚の交流館
2016年5月にオープンした渚の交流館では、新鮮な魚や採れたての野菜を味わえる飲食店や物産店のほか、海辺の特徴をいかした体験教室や地域物産の魅力を体験できるイベントが開催されるよ。


02しらす
福田町はしらすで有名な町♪
魚の形をした港の近くを散歩しているとしらす屋さんがたくさんあったよ。
釜揚げにしたしらすを丼で食べるととってもおいしかったよ。
写真は釜揚げしらすだけど生で食べる生シラスも非常においしいみたい。仲良くなった 物産品店のご主人が教えてくれたよ。


03防災タワー

津波対策に防災タワーが建てられていたよ。
有事の時には安心だね。
こうした防災タワーが港の周りにはいくつかあったよ。
右の写真は一番大きなタワーだったよ。
200人まで避難できるみたい。


04ヨッキー
今日の福田の海は、程よく風が吹いていて気持ちが良かったよ☆
福田の海を背景にパシャリ♪


次回はあなたの街に、ぶらっとヨッキー!

カテゴリー:ヨッキーの散歩    

コメントはありません

2016/06/22日本一の山から駆け下りる潤井川

今回は「理研産業補聴器センター 富士市役所前店」からお送りします。


01潤井川
当店のある富士市役所周辺の地区には潤井川(うるいがわ)という川が流れています。

一見するとどこの町にもありそうな普通の川なのですが、実はこの川は富士山頂が源流なのです。


02潤井川
有名な白糸の滝の東側を進むと富士山をバックに幅の広い枯れ川が流れている荒涼とした光景が広がっています。
富士山頂から運ばれる土砂による災害を防ぐための工事車両が盛んに行き交っています。
ここが潤井川の上流となります。


03潤井川
富士山頂から西側には大沢崩れという大きな谷があり急傾斜をずっと下って麓まで刻まれて潤井川の源流となっています。
これなら「日本一高い所から流れている川」を名乗っても良さそうなのですが、地形図に載せられる川の条件が「1.5メートル以上の川幅で常に水が流れている」となっているため残念ながら麓まではあくまで谷と言う扱いのようです。


04潤井川
ずっと下った中流の龍厳橋の辺りは富士山から運ばれた大きな岩が転がっています。
この辺りには橋の名前の通り龍神さまが住んでいて急なお祝いで困った村人に100人分のお椀を流してくれて無事にお祝いが出来たという昔話があるそうです。
 
この様な岩や土砂が富士山麓の土地を形成している事が感じられます。


05バラ園
富士市役所の近辺まで来ると川沿いに富士市立中央公園があり5月にはバラ祭りで非常に賑わう憩いの場所となっております。
 
バラは富士市の市の花となっていてバラ祭りではバラの苗の抽選会や鉢植えの販売も行われていて園芸のファンの毎年の楽しみとなっています。


06田子の浦
そして、河口は百人一首にも歌われた海と富士山の組み合わせが印象的な田子の浦となっています。
潤井川は長さ30キロに満たない短い川にも関わらずいろいろな表情を見せてくれました。


「理研産業補聴器センター 富士市役所前店」は富士市役所から斜め西の向かい、青葉通り沿いの市役所前郵便局の隣にございます。
バスでお越しになる場合は「富士市役所前」から西に徒歩5分となります。
お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。

カテゴリー:その他, 店舗情報    

コメントはありません

2016/06/15鉄道スポット 四日市市

今回は三重県の「理研産業補聴器センター 四日市北店」からお届けします。

四日市北店がある四日市市は、鉄道好きの方にはちょっとしたスポットとして知られています!
それは、地元の私鉄「三岐鉄道」が、秩父鉄道とともに、今では全国的にも珍しくなったセメントの貨物列車を運行しているからです。
01セメント列車
貨物の受け渡し駅であるJR富田駅には、週末ともなると県外ナンバーの車で訪れる人も見受けられます。

02セメント列車
カメラ片手に撮影するいわゆる「撮り鉄」の方や、電車好きのちびっこの姿も!


  
もう一つ、三岐鉄道では面白い試みをしています。
「サイクルパス」という制度で、運賃だけで自転車が無料で持ち込めるサービス。
03北勢中央公園口駅
 
 
自転車を折りたたんだり、解体すれば持ち込める鉄道会社はありますが、そのままでOKというのは、全国的にも珍しいそうです。
 
のどかな地域だからこそ、できるサービスかもしれませんね!
サイクリングはもちろんのこと、沿線観光にも便利です。

04三岐鉄道
三岐鉄道 レトロな色合い


05切符
切符もいまどき珍しい厚紙の切符(硬券)。
窓口で駅員さんから購入し、切れ込みを入れてもらいます。
この硬券も鉄道好きにはたまらないのだそう。

「理研産業補聴器センター四日市北店」は、JR富田駅東口の目の前にございます。
お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

カテゴリー:その他, 店舗情報    

コメントはありません

2016/06/08金沢B級グルメ!

今回は「理研産業補聴器センター 金沢支店」からお届けします。

北陸新幹線が開業となり、早いもので1年が経過しました。
金沢市内は、日本各地はもちろん海外からの観光客も多く、連日賑わいをみせています。

兼六園、ひがし茶屋街、近江町市場のような有名観光地や艶やかな伝統工芸品などのご紹介を・・・と思いましたが、今回は金沢市民から絶大な支持を誇る金沢B級グルメについてご紹介させていただきます。観光客の方々の人気も意外と高く、兼六園などの有名観光地なみにB級グルメ店も連日賑わっているようです。
金沢でのご当地B級グルメは数多くありますが、今回はその一部を紹介していきます。

金沢カレー
01金沢カレー
どろっとした黒いルーが特徴のカツカレーです。
金沢カレーの特徴は、ステンレスのお皿に盛られていて、山盛りの千切りキャベツが添えられ、先割れスプーンで食すというものです。
キャベツ?と思うかもしれませんが、中辛のルーにキャベツが良く合いますよ!
元祖金沢カレーの有名店は金沢南町店の近くにあります。

ハントンライス
02ハントンライス
ケチャップライスの上にマグロのフライを載せています。
ケチャップとタルタルソースでいただきます。
マグロのフライの代わりにエビフライや白身魚のフライが乗っているお店もありますよ。
本家のハントンライス有名店は金沢支店から車で15分ぐらいです。

ホワイト餃子
03ホワイト餃子
某県民番組でも紹介されたことのあるご当地餃子店のホワイト餃子です。
形がパンの様な丸い餃子で、表面は「カリッ」としているのに中はもちもちした食感が特徴です。
にんにくも強くなく、女性でもたくさん食べられますよ!
左の写真は一番人気の定食です。

金沢おでん
金沢おでん?と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、石川県にはおでん屋さんが意外と多く、年中おでんを出している店もよくあります。
他では見られない独特のおでんダネが特徴で、車麩(くるまふ)、ふかし、赤巻きかまぼこ、梅貝、しのだ巻…どなど、バラエティー豊かです。
写真は『かに面』と言い、香箱蟹(こうばこがに)の身・外子(ミソ)・内子(卵)を丸ごと甲羅に詰めてたべるもので、蟹の美味しさを一気に味わうことが出来ます。
04金沢おでん

お出かけの増えるこの季節、金沢B級グルメをぜひ一度味わってみてはいかがでしょうか。
お出かけの前にぜひ補聴器の点検・お掃除にもご来店下さいませ。

カテゴリー:その他, 店舗情報    

コメントはありません

2016/06/01ヨッキーの散歩 ~潮干狩りに行ってきたよ~

001ヨッキー

こんにちは!ヨッキーです!

先日、三重県津市の御殿場海岸へ潮干狩りに行ってきたよ。
三重県は海に面している地域が多いため潮干狩りや海浜でレジャーができて、潮干狩りを無料で楽しめるところもあるよ。
また、白砂青松で有名な津市の海は県立自然公園指定されており、なんと12㎞も海岸線が続いているんだよ。


お天気も良くて気持ちいい~!たくさんとれるかな?
002海

003潮干狩り


004貝
潮干狩りでとれたあさりやはまぐりは、お吸い物にしておいしくいただきました♪



近くへお越しの際には、「理研産業補聴器センター 津支店」へ是非、お立ち寄り下さいませ。
明るいスタッフがお待ちしております!!

次回はあなたの街に、ぶらっとヨッキー!

カテゴリー:ヨッキーの散歩    

コメントはありません

2016/05/22福井駅前「ハピリン」誕生!!

今回は、福井県福井市の「理研産業補聴器センター 福井店」からお届けします。

01ハピリン

当店はJR福井駅西口の真向いに位置しています。
ちょうど一年前(2015/05/22)のブログ「恐竜王国福井」で福井駅前の様子をレポートさせていただのですが、先月、新たに「ハピリン」という商業施設が加わりました。
京福バスのターミナルや観光案内所もでき、2018年の福井国体に向け益々活気を帯びています。
今回は、出来立てホヤホヤ「ハピリン」の中にあるプラネタリウム「セーレンプラネット」をご紹介したいと思います。

02セーレンプラネット

セーレンプラネットはハピリン5階にあり、ドームシアター(プラネタリウム)と展示スペースから構成されています。
ドームシアターでは「リアル8K(ハイビジョン映像の16倍)の超高解像度映像が投影され、肉眼では見ることができない暗い星まで忠実に再現することができます。
プラネタリウムの他、映画の上映も行われており、何度行っても楽しめる内容になっています。


そして何より、当社のお客様方におすすめなのが、磁気誘導ループ完備施設であるという点です。
磁気誘導ループとは、補聴器に直接音声を送り込むための設備です。
補聴器は周囲の雑音により音声の聞き取りが難しい場合がありますが、磁気誘導ループを備えた設備では、これによってもたらされる磁気を補聴器が受信し、音声信号に変えることで雑音の少ないクリアな音声を聴くことができます。

この施設は、全席、誘導ループによる補聴器対応が可能ということで、とても嬉しいですね!
ただし、お持ちの補聴器によっては、磁気を受信できないタイプのものもございますので、セーレンプラネットにお越しの際は、是非当店へお立ち寄りください。
誘導ループ対応確認の他、補聴器のクリーニングや乾燥など、星空への旅を楽しむお手伝いをさせていただきます!
03セーレンプラネット

カテゴリー:その他, 店舗情報    

コメントはありません

2016/05/15名古屋の屋根神様

今回は「理研産業補聴器センター 浄心店」からお届けします。

昔の面影が残る名古屋の町を歩くと、民家の屋根に設けられた小さな祠(ほこら)を目にすることがあります。
この屋根の上の祠は「屋根神様」と呼ばれ、名古屋市西区に多くみられます。
01屋根神様

江戸時代から、人口の多い下町は火事や伝染病といった深刻な問題に悩まされていました。
そのため、火難除けで有名な「秋葉神社」、疫病を防ぐ天王信仰で有名な「津島神社」、「熱田神宮」の主に三社が屋根神様としてまつられました。


02屋根神様_250

04屋根神様_250
しかし、昭和30年代頃から電化製品の普及により火難除けの意義が薄れていき、地域社会の変化と共にその数は減少しています。
その屋根神様が今も残る西区那古野は、名古屋城築城に伴い政治の中心を清洲から名古屋へ町ぐるみで移転した「清洲越し」の際に、堀川の水運によって発展した地区です。


05屋根神様_300 元禄の大火の後、防火や商業活動のため道幅を4間(約7メートル)に広げたことにより四間道(しけみち)と呼ばれ、石垣の上に連続する土蔵や町家が立ち並ぶ貴重な景観は、名古屋市の「町並み保存地区」に指定されています。
名古屋にお越しの際は、長年屋根の上から人々を守り続けた屋根神様をぜひ探してみてください。


「理研産業補聴器センター 浄心店」は、地下鉄鶴舞線浄心駅から東へ徒歩1分の距離にございます。

近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

カテゴリー:その他, 店舗情報    

コメントはありません

1 2 3 4 5 6 33

このページの先頭へ